そうだ、サイトを持とう、ホームページをつくろう!

きっかけや動機はさまざま

ホームページ(ウェブサイト)作成を思い立つ機会は人それぞれです。個人事業者なら新規で開業したり他から経営を譲り受けたりした時などでしょうし、社内業務で企業サイトの管理を任せられて、その方面に目を向けるという人もいるでしょう。あるいは純粋に趣味の成果を公表したり仲間を募ったり、またはNPO活動等での報告だったりすることもあります。まさに十人十色ですが、始めるに当たって知っておきたいことは共通しています。

ホームページはどうやって作るの?

初めての人が最初にぶつかるのがこの問題ではないでしょうか。ひと昔前はウェブサイトを構築するには一にも二にも専門知識が求められましたが、最近は事情が変わっています。具体的には、HTMLタグほかScriptレベルから学習して作成・公開・運営を自前で行う、無料サイトに用意されているテンプレートを利用する、SNSの企業または個人ページで代用させる、支援ソフトを使って作成したものをレンタルサーバー等で公開する、作成業者に発注する、などたくさんの選択肢があります。

デザインで一歩先に出るには

方法はさまざまですが、見栄えや使いやすさといったデザイン要素を重視するのなら、テンプレートや業者への丸投げでは十分ではありません。ビジュアル面であれば、雑誌のグラビアページやアート作品などで気になったものを、ユーザビリティであれば、他のサイトをまわる中で感心したものなどを、といった形で参考になる情報を集めておき、それを実現する方法として、予算や時間の条件を加味しながら上記の方法を検討する形になります。

レスポンシブデザインとは、ウェブページを見る全ての端末で同様の表示を可能にするためのデザイン手法の一つです。