使い方次第で業務コストを削減!マーケティングオートメーションのメリットデメリット

マーケティングオートメーションって何?

2010年代半ばごろから日本でも聞く機会が増えてきている「マーケティングオートメーション」。これはどのような業務のことを指すのでしょうか。

マーケティングは本来、色々な情報を収集して、集めた情報を分析して企業経営のための情報提供をするという業務です。そのマーケティングに関する業務の一部を自働化することをマーケティングオートメーションと言います。

流れとしては、まずターゲットとなる顧客のリストを作成し、その人たちに対して施策を行います。その施策に対するレスポンスがあった人を登録し、新たな顧客や、より自社製品を多く購入する見込みのある顧客をリストアップし、分析するというサイクルを繰り返します。

メリットとデメリット

マーケティングオートメーションのメリットとして大きい点はやはりマーケティング活動にかかる時間・コストを削減できるという点が大きいです。膨大な時間がかかる情報収集作業を自動化することでより効率よくマーケティング業務を進めることが出来るようになりました。

また、情報をまとめておくことで営業とマーケティング側で共有することも出来ます。マーケティングと営業の連携が上手くできないという企業も多く、そんな悩みを抱えているのであれば、マーケティングオートメーションを一度採用してみるのがおすすめです。

しかし、マーケティングオートメーションにはデメリットもあります。様々なマーケティングオートメーションソフトウェアが販売されており、企業の規模に合ったものでないと、上手くマーケティング作業を進めていくことが出来ません。そのため、規模に合わせたマーケティングオートメーションソフトウェアを選ぶ必要があります。

マーケティングオートメーションとは、定常業務や単純作業など、従来は人が繰り返しおこなっていた作業をソフトウェアやツールを活用して自動化し、効率を高める仕組みのことです。