見やすいポスターにしよう!より良いポスターを作るための工夫

距離を取って見やすさを確認する

ポスターのデザインを良くする方法として、距離を取って確認することが挙げられます。距離を取ることによって、離れた位置から見たポスターの出来を確認できます。離れた位置からでも見やすい文字の大きさや、ポスターの色合い、イラストの雰囲気などをチェックしましょう。ポイントとしては、離れた位置から見たときに、デザインがスッキリしていることです。ポスターに詰め込む情報量が多いと、本当に伝えたい情報が伝わりにくくなります。

タイトルを長くしないことも良い方法

伝えたい内容が多いポスターほど、タイトルも長くなってしまう傾向にあります。しかし、人に見やすいと感じてもらうには、ポスターのタイトルを長くしない工夫が必要です。できるだけ簡潔に分かりやすい言葉を使ったタイトルにすることで、どんな内容のポスターかということを把握してもらいやすくなります。短い言葉であることも重要ですが、同時に大切なポイントがインパクトを与えることです。ただ短いだけでは、興味を持ってもらえるようなポスターはできません。思わず見入ってしまうようなインパクトのある言葉を使えば、ポスターの見栄えが良くなるでしょう。

内容に合った色合いにする

ポスターの色合いは重要なポイントです。伝えたい情報に合った色を使うことで、何のポスターであるかを判断してもらいやすくなります。例えば明るい内容のポスターであれば、赤やオレンジといった暖色系を使うのがオススメです。反対に暗めの内容を伝えたい場合には、青や紫といった寒色を扱うのが良いでしょう。注意喚起のポスターは黄色のような目立つ色を使うのが効果的です。

激安コピー印刷は使用する紙やトナーの品質が通常の印刷プランより低く抑えられているのが特徴です。そのため、使い捨てで少数の書類やチラシの作成に適しています。