これからの仮想通貨の生き残りをきっちり見極める

2017年は仮想通貨元年

2017年は仮想通貨元年と言われて、さまざまな仮想通貨の話題がニュース等で取り上げられました。仮想通貨は世界中にとても多く存在しておりその種類は軽く1000種類を超えていると言われています。この中のどれが人気でこれから価値が上がっていくと考えられるか、この読みが大きなカギを握ってきます。2017年度は、どの通貨も乱高下を繰り返しながらでも、右肩上がりに上昇していきました。しかも、その上昇度は今までの株や為替とは比べ物にならない勢いでした。そのおかげで億り人と呼ばれる1億円以上の利益を出した人々も続出しました。2017年はこうしてみると、仮想通貨を送金や支払い等の目的で購入したのではなく、単なる投資目的として購入した人ばかりでした。今後はどれだけ仮想通貨全体が安定した価値を生み出すことができるかでしょう。これだけ多くの仮想通貨がありますから、しっかり見極めていきたいです。

熱くなりすぎないことが大切

仮想通貨は色々な価値の通貨がありますが、すごいものでは1通貨で100万円です。価値のないものでは1通貨で1円以下です。これほど差のある仮想通貨ですが、今度どう乱高下を繰り返すのか、それとも落ち着いた価格になるのかは誰にもわかりません。投資をするのは良いですが、利益を生み出してもその反対に大損しても自己責任です。万一のことをきちんと考えて、仮に無くなっても痛くない金額だけ投資に回すのがポイントです。熱くなったら痛い目に遭いますね。

仮想通貨とは、中央銀行のような国家主体が管理する通貨ではなく、開発者が管理するデジタル通貨の1つです。ネット上のみならず、実際の買い物でも使うことができます。