LEDは永久に使えるの?高いものと安いものの差を知ろう!!

LEDは永久に使える照明器具か

これまでの照明器具といえば、白熱電球と蛍光灯が一般的でした。白熱電球は元々はエジソンが発明したとされる照明具で、今もほとんど原理は変わっていません。電気から得られる熱エネルギーを光に変化させて発光します。無駄が多く、明るさのわりに電気をたくさん使います。その分電気代も掛かり、寿命も短いです。最近登場してきたのがLED電球です。LEDを組み込んだ電球で、白熱電球に差し込んでいたソケットにそのまま差し込めます。明るさはほぼ同じで、電気をあまり使わないので電気代も掛かりません。問題は寿命です。商品パッケージにはかなり長く使えると書かれていますが、実際は製品ごとに寿命は異なります。ほぼ永久に使えるものもあれば、数か月で使えなくなるものもあります。

LEDの寿命は熱による影響がある

白熱電球や蛍光灯は、しばらく点灯していると熱くなります。熱が発生しているためで、安易に触るとやけどをするときもあるので注意が必要になります。LED電球はどうかですが、白熱電球などよりは熱は出ないとされています。しかし、全く熱が出ないわけではありません。そして、この熱が寿命に大きく影響するとされます。LED電球は、中にLEDが発光する仕組みと配線などが組み込まれています。配線の部品は熱にあまり強くないので、熱から守る仕組みが入っています。LED電球によって、熱から守る仕組みに違いがあります。比較的安いものは、熱が部品に伝わりやすいのでどうしても切れるまでの時間が短いです。熱をしっかり防ぐ仕組みがあると長く使えます。

ledパネルは一般的な広告看板と比べて軽量で薄く、宙吊りや壁掛けが容易なのが特徴です。また、led照明は日中でも明るく目立つので高い宣伝効果が期待出来ます。