もはや顧問税理士は不要?クラウドで行う会計業務

機能が充実する会計システム

会計システムの導入による業務効率化は常套手段となっていますが、その機能の高まりが著しい状況があるのは知っておかなければなりません。ただ帳簿作成や決算申告の作成を自動的に行えるソフトではないのが会計システムです。仕訳の入力を自動化するためにパターン認識機能ついていたり、ある程度の基本的なパターンをcsvファイルで入力できたりするようになっています。使えば使うほど進化を遂げていき、ほとんど自動で仕訳を行って帳簿が自動作成されてしまうようになっています。また、クラウドであることによって事業所が複数に分かれていても会計を一元管理することができるのも特徴です。それに加えて大きなクラウド上のストレージを手に入れられるため、社内に大きなストレージを用意する必要もないという仕組みになっています。

顧問税理士が不要な理由とは

クラウド上の会計業務を行うようになると顧問税理士を抱えていた企業も顧問税理士を不要にすることが可能です。基本的な部分は自動化して節税も行ってもらうことができるからですが、やや複雑になったというときであっても、選んだ会計システムによっては顧問税理士が不要になります。もともとパッケージとしてクラウドを介して業者側の紹介する税理士との相談ができるシステムになっているからです。これまで顧問税理士の人件費が問題になってきたというケースではこのようなシステムを選べば税理士との相談は継続しながら、顧問税理士を置かなくてもよくなります。

クラウド会計とは、インターネット環境があれば、いつでも、どの場所でもインターネット上で会計処理ができる会計システムを指します。