いろいろな工夫がいっぱい!ネットワーク監視の実際

ネットワーク監視の概要

ネットワーク監視は、一般的に監視サーバーを通して行います。監視サーバー上では、ネットワーク監視をするためのソフトウェアを常時、動作させておき、それぞれのサーバーやルーターなどをひと目で直感的に分かるように、GUIベースでつくられている事が一般的です。また、ネットワーク監視の補助ツールとして、パトライトを利用して、音や色で伝えるような工夫がなされている事も少なくありません。

ネットワーク監視を行う項目について

まず、最も基本となるのが死活監視です。icmpプロトコルを利用して、監視対象と通信が行われているかをチェックします。この時、一回の死活監視でicmpエコーやicmpリプライの設定が可能なソフトウェアを利用している場合、ネットワーク監視監視スタッフが設定値を把握しておくと、トラブル対応時に役立つかもしれません。また輻輳を抑えるために、snmpトラップ監視を取り入れるのは効果的です。このプロトコルは、監視サーバーソフトと対象がsnmpに対応していることが前提です。そして、監視対象に何かトラブルが発生した場合のみ、監視対象側から通知をする所に特徴があります。この仕組みは、監視サーバーソフトが持つデーターベースに、通知された内容を照合して問題があれば、その内容がネットワーク監視スタッフに通知するという訳です。その他では、サーバーのCPU・ディスク等のリソース監視、サービス監視等があります。またエンドユーザーが違和感なく、サービスを提供するために欠かせない、帯域監視も重要です。この帯域監視は、平常時にはどのような状態であるのかを把握しておくと、トラブルを早期に発見しやすくなるでしょう。

フロー監視は、主にユーザ単位・ネットワーク単位(レンジ、サブネット単位)などのネットワーク帯域使用などを監視することです。